おやつは多目に

私は職場に必ずおやつの持ち込みをしているのですが、持ち込む時には多めに持っていくようにしています。これは自分がたくさん食べるためではなくて、やはり他に働いている看護師が適当に手を伸ばせるようなおやつを持っていくことで他の看護師さんが息抜きをする時に役立ってくれれば良いと思っているからです。もちろんそれぞれにおやつを持ち込んできているので、私だけが沢山のおやつを持って行く必要はありませんが、それでもやっぱり自分が買ってきたやつだけではなくて他の看護師さんが買ってきたおやつを食べるというのも息抜きになりますよね。

それに休憩時間が重なった看護師同士で同じ物を食べながら話をするなんていうのも本当に楽しみだし、特に美味しいおやつなどの場合には、おやつの話で盛り上がり、仕事の疲れなども吹き飛ぶものなんです。職場が忙しくなってしまうとどうしてもそれぞれにストレスを抱えてしまい、出勤するたびにおやつを買ってくること忘れてしまうなんて言う事ありますから、そういった時のことを考えても多めにおやつを買っていくことは大切なことだと思っています。とても緊迫した状態の中で働いていると、ほんの数分間の休憩でおやつを食べるということがとても大きな癒しになるし、休憩時間が終わってからの仕事のモチベーションにもつながっていきます。

■食べ過ぎにはもちろん注意する

おやつを多めに持っていくことはありますが、だからといってすべてのやつを食べてしまうわけではありません。もちろんスタイルをキープするためや食べ過ぎて苦しくならないようにするために食べる量にはしっかりと注意していますが、それぞれの看護師がこうした部分に気をつけながら休憩時間を過ごすことによって職場の雰囲気というのは良いものになっていくと思っています。

わかりやすく言ってしまえばおやつが看護師と看護師の絆を結び、看護師同士の会話を盛り上げたりすることになるのでとても簡単なことですが、大切なことですよね。この部分に全く気がつかない看護師もいると思いますが、私の場合には自分もおやつを食べることがすごく楽しみなので他の看護師さんも同じように少しでも楽しみにしてくれたら良いなと思っています。それに珍しいお菓子を見つけたときには職場に持って行きみんなで食べることによって本当にそれだけで話が盛り上がるし、皆が笑顔になれるのでこういった部分でも美味しいおやつというのは大切な存在になってくれていますよね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク