看護師は身内じゃない

看護師は患者さんの気持ちに寄り添うことが重要だなんて言われていますし、もちろん私もそのように思っていますが、あまりにも寄り添いさぎてしまうと、患者さんにとって良いことではないと思うようになりました。以前の私はとにかく患者さんの気持ちに寄り添っていくことが大切だと思っていたので、常に患者さんの気持ちを考えたり患者さんの立場になるようにしていたのですが、結局は看護師と患者さんというのは赤の他人であり、患者さんと看護師という関係性を超えることはできません。そのためにあまり看護師が患者さんに寄り添いすぎてしまうと患者さんは看護師を頼り過ぎてしまうような部分があり、治療などに関しても不安を感じた時に自分で乗り越えることができなくなってしまうんですよね。

患者さん自身の中で治療に対して後ろ向きになってしまった時には看護師が何を言っても意味がありません。やっぱり患者さん自身が乗り越えようと思ってくれなければ治療も前向きに行えませんので、こういった部分では看護師がある程度一定のラインを超えないようにしていかなくてはならないと思っています。看護師はやっぱり患者さんの身内にはなれませんから。どんなに患者さんと仲良くしても治療に関して患者さんが前向きになってくれるように看護師として意見をしてあげなければなりません。

■感情移入はダメ

身内であれば心配をそのままストレートに患者さんに対して口にするなんて言う事も許されると思いますが、看護師にはそういったことができません。もちろん患者さんのことは心配しているし、出来るだけ早く元気になって欲しいと思っていますが、あまりにも患者さんを心配するような姿を見せてしまうと、患者さんはどうしても看護師に依存するようになってしまうので、どんなことでも看護師を頼るようになります。

単純に頼るだけではあれば良いのですが、その次には甘えが出てきてしまうので、薬を飲みたくないとわがままを言ったり、食事を食べたくないと自分の気分でわがままを言ったりするようになってしまうケースがあります。そうなってしまうと看護師はそれ以上ケアをしてあげることができなくなってしまうので、その時点で、患者さんとの溝が出来てしまいますね。そんなことになる前にしっかりと看護師が患者さんとのラインを引いていてあげれば、良い関係を保ったまま患者さんも前向きに治療に立ち向かってくれるので、大切なことだと思っています。やっぱり最終的には患者さんと看護師は身内ではないということを、常に頭においておかなければなりませんね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

男性でも素直に見栄を張らない

僕はこれまで出し看護師として働いてきた中で初めのころは男性だし、他の看護師に迷惑をかけないようにしっかりしなくてはならないなんて少し強がったり見栄を張りながら働いていました。でも今は以前のように強がったりすることなく素直に自分に正直に働くようにしています。こうなったのには理由があるのですが、男性だからといって強がったりしていると女性看護師に迷惑をかけてしまったりすることがあるし、患者さんに対しても素直になれなくて少し偉そうにしてしまったりすることがあったからなんです。

もちろん自分の中では患者さんに対して偉そうにしてるつもりはありませんが、患者さんにしてみると、僕が強がっている態度そのものが偉そうに見えてしまったりすることがあったようで、患者さんが気にしてしまうケースすることもありました。その経験があったからこそ今では強がったりすることをせず、正直に弱い部分を見せながら働くようになりました。少し頼りないと思われてしまうような部分があるかもしれませんが、それでも見栄を張ったりするよりも素直に働いている方が患者さんとの関係も良いと思うし、以前に比べて、たくさんの話ができたりするようになりました。

■強がっても成長しない

昔の僕は強がりながら仕事をしていたので自分自身の中で成長する部分がありませんでした。単純にいつも強がっているから仕事が終わればすごく疲れていたし、特に仕事について考えたりすることもありませんでしたが、今のように強がらずに働くようになってからはどんどん患者さんの気持ちがわかるようになったり、自分の中で成長していると感じることが沢山あります。

それに僕が強がっていたために先輩の女性看護師や婦長から様々なことを注意されても素直に受け入れることができなかった部分もありますが、今では本当に素直に受け入れることができているので、こういった部分はやっぱり自分自身の成長につながっていると思います。一生懸命に頑張っていかなくてはならないという気持ちはもちろん持っていますが、必要以上に強がるよりも素直に仕事をしていた方が成長につながっていきますね。男性だからという部分で僕は必要以上に強がって見栄を張っている部分がすごく強かったと思います。今はそれがなくなったので働きやすいと感じるし、他の看護師さんと仲良くなれた様に思っています。強がれば良いというものではなく、素直になる事も大切だということは今の職場で教えてもらったし、強がれば患者さんの気持ちは遠くなってしまうと言う事もわかるようになりました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

おやつは多目に

私は職場に必ずおやつの持ち込みをしているのですが、持ち込む時には多めに持っていくようにしています。これは自分がたくさん食べるためではなくて、やはり他に働いている看護師が適当に手を伸ばせるようなおやつを持っていくことで他の看護師さんが息抜きをする時に役立ってくれれば良いと思っているからです。もちろんそれぞれにおやつを持ち込んできているので、私だけが沢山のおやつを持って行く必要はありませんが、それでもやっぱり自分が買ってきたやつだけではなくて他の看護師さんが買ってきたおやつを食べるというのも息抜きになりますよね。

それに休憩時間が重なった看護師同士で同じ物を食べながら話をするなんていうのも本当に楽しみだし、特に美味しいおやつなどの場合には、おやつの話で盛り上がり、仕事の疲れなども吹き飛ぶものなんです。職場が忙しくなってしまうとどうしてもそれぞれにストレスを抱えてしまい、出勤するたびにおやつを買ってくること忘れてしまうなんて言う事ありますから、そういった時のことを考えても多めにおやつを買っていくことは大切なことだと思っています。とても緊迫した状態の中で働いていると、ほんの数分間の休憩でおやつを食べるということがとても大きな癒しになるし、休憩時間が終わってからの仕事のモチベーションにもつながっていきます。

■食べ過ぎにはもちろん注意する

おやつを多めに持っていくことはありますが、だからといってすべてのやつを食べてしまうわけではありません。もちろんスタイルをキープするためや食べ過ぎて苦しくならないようにするために食べる量にはしっかりと注意していますが、それぞれの看護師がこうした部分に気をつけながら休憩時間を過ごすことによって職場の雰囲気というのは良いものになっていくと思っています。

わかりやすく言ってしまえばおやつが看護師と看護師の絆を結び、看護師同士の会話を盛り上げたりすることになるのでとても簡単なことですが、大切なことですよね。この部分に全く気がつかない看護師もいると思いますが、私の場合には自分もおやつを食べることがすごく楽しみなので他の看護師さんも同じように少しでも楽しみにしてくれたら良いなと思っています。それに珍しいお菓子を見つけたときには職場に持って行きみんなで食べることによって本当にそれだけで話が盛り上がるし、皆が笑顔になれるのでこういった部分でも美味しいおやつというのは大切な存在になってくれていますよね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

新人看護師は多少甘やかす

新人看護師はとにかく厳しく育てるという看護師さんの人もいますし、私が新人の頃には本当に厳しく育てられました。しかし私は自分が先輩という立場になってから新人の看護師を育てる時に私は甘やかすことも必要だと思っているので、あまり厳しくしないようにしています。これはどうしてこのように思ったのかというと、あまりにも新人看護師に対して厳しくしてしまうと、その段階で大きなプレッシャーに潰されてしまい、第2新卒になってしまったり、看護師という仕事が嫌に辞めてしまったりする後輩がいるからです。

実際に私と同期の看護師は自分の先輩に本当に厳しくされてしまい精神的なプレッシャーが大きくて看護師を続けていく自信がないと辞めてしまいました。今ではOLとして働いていますが、せっかく頑張って看護師になったのに辞めてしまうなんていうのは非常にもったいないことだし、患者さんのためを思えば今よりもたくさんの看護師が増えてくることが1番ですから、そういったことを考えた上で新米の看護師には多少甘くするようにしています。

■段階を踏みながら厳しく

もちろん、いつまでも甘やかすわけではありませんから段階を踏みながら徐々に厳しくしていきますが、それでも看護師1人ひとりによって成長していくてスタイルが違っています。初めから自分のペースでビシバシと新米の看護師をシゴいたところで、必ずしも新米の看護師が成長するとは限っていないし、最初は少し甘やかすくらいで良いと思っています。その中で私達先輩看護師が一生懸命に働いている姿を見てきますから、自然に後輩看護師も頑張ろうという気持ちが湧いてくるし、頑張ろうという気持ちが出てくれば、何もしなくても自然に成長していくものです。

無理に後輩看護師を育てようなんて思っているとうまくいかないし、後輩看護師のプレッシャーも大きくなってしまうので、そんなことにならないようにある程度、後輩看護師のペースをしっかりと考えながら育てるようにしています。もちろん私もまだまだ一人前の看護師とは言えないし先輩を見習わなければならない部分がたくさんありますが、少なからず私のような看護師を先輩と呼んでくれる後輩がいるので、こういった後輩に関しては厳しいだけではなく、しっかりと優しさも教えなくてはならないと思っています。特にこれから先、沢山の看護師が増えてくれるようにするためにもやっぱり必要なことではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

製薬会社には厳しく

病院で働いていると様々な製薬会社のスタッフは営業に来るのですが、私は製薬会社の人には必要以上に厳しく接するようにしています。製薬会社の人っていうのはもちろん自分たちの会社で作った薬を売りにきているし、契約を結ぶことができれば自分たちの会社の利益になるので沢山の接待をしたりすることもありますが、あくまでも接待に応じるのは先生であり、私たち看護師ではありません。

その上で私たち看護師が製薬会社のスタッフに対して甘い顔を見せてしまうと、この病院の看護師を説得すれば沢山の薬を契約してもらえるなんて思われてしまうので、できるだけ厳しく接するようにしています。また接待すればするだけ沢山の契約が取れるなんて簡単に思っているスタッフもいるので、こういった契約会社のスタッフには特に厳しくするようにしているし、接待の誘いを受けても絶対に私は行かないようにしています。

■軽々しい営業は最も嫌

患者さんの治療をするためには必ず薬が必要になってきますから、契約も当然重要な部分になってくると思いますが、あまりにも軽々しい営業というのは気分が悪くなってしまいます。患者さんにとってはとても大切で本当に必要な薬なのに、製薬会社のスタッフというのは自分に必要がないからといって契約のためだけに様々な薬の説明をしたり、笑顔を見せたりすることがあります。このようなスタッフを見ていると私は看護師として腹立たしく思ってしまうことがあるし、本当に患者さんのことを思って薬の営業にきているわけではないという気持ちが見え見えなので、どうしても仲良くすることや、感じよく接してあげることができなくなってしまいます。

やっぱり私たちは患者さんの気持ちを最優先に考えていかなければならないし、正直なところ製薬会社のスタッフに見せている笑顔なんてありません。必要と思えば先生が契約を結びますから私たち看護師が必要以上に笑顔を見せる必要もないし、私たちが働いて病院は次々に何も考えず契約が取れるなんて思われても嫌なので、本当に製薬会社のスタッフには厳しく接するようにしていますね。でもこれで良いと思っているし、例えば製薬会社のスタッフが私のことを感じ悪い看護師だと思っていても良いと思っています。患者さんは自分の体を治すためにお薬を服用しているし、その薬の中には副作用があるものもあります。そういった薬を笑顔で営業に来るスタッフには、看護師として厳しくして正解だと思っています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

簡単に共感しない

多くの看護師が心がけていることかもしれませんが、私はきっとこの部分は他の看護師と違っていると思っています。それはどんなことになるかというと、わたしは患者さんの気持ちに共感しないということを心がけています。患者さんの気持ちっていうのは大きな不安を抱えているだけではなく、例えば痛みなどに苦しんでいるような気持ちがあると思いますが、こうした気持ちに安易に共感してしまうと患者さんの立場にしてみれば、実際に痛い思いをしていないくせにという気持ちを持ってしまうんです。

このような気持ちを持たれてしまうと、それ以上信頼関係を結ぼうと思っても結ぶことが難しくなってしまうので、私は必要以上に患者さんに共感するのではなく、とにかく痛みが和らいだりするためにどうすればよいかを考えるようにしています。ですから痛み止めが欲しいのかと聞いてみたり、少し眠れるように薬を飲んでみるかと聞いてみたりするようにしています。共感してあげることは簡単だし、共感してあげることは確かに大切ですが、やみくもに共感してしまうと患者さんに失礼になってしまうこともあるので注意しなければならない部分ですね。不安な部分に関してはやはり共感してあげることも重要だと思っているので1人で寂しい患者さんの気持ちに共感し、できるだけたくさんの話を聞いてあげたりするように心がけてはいますが、痛みそのものに関しては共感してあげることができないので、その部分については患者さんに意思表示をするようにしています。

■必要以上の共感は同情になってしまう

患者さんの性格によって受け取り方は違っていると思いますが、必要以上の共感というのは場合によっては同情のように受け取られてしまうこともあるので、わかりもしないくせに、単純に同情だけをしていると患者さんが思ってしまい、腹を立てるなんていうことがあります。

一度でもそうなってしまうと再び患者さんの信頼を取り戻すのは難しく、何を言っても看護師が適当に表面上で同情してるだけと思われてしまうので、それ以降の看護が非常に難しくなってしまうんです。私は過去に実際このような経験をしたからこそ今は必要以上に共感することは避けるようにしています。無理に共感しなくなってからは本当に患者さんと素直に様々な話ができるようになったと思っています。わかってもらえない辛さを患者さんも抱えながら、私たちに少しでもわかってもらおうとしっかりとした言葉で伝えてくれるし、その分私たちも患者さんの気持ちを理解してあげることができるようになったと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

疲れても口にしない

人によって疲れた時の振舞い方というのが違っていると思いますが、私が常に気をつけているのはどんなに疲れたと思っていても疲れたという言葉を口にしないことです。私の場合には、疲れたっていう言葉を口にしてしまうことによってそれまでの疲れが一気に溢れ出してしまい体が動かなくなったり精神的にも思考が回らなくなってしまったりすることがあるために、どんなに疲れていると自分で思っていても口にはしないようにしています。

それに、実際のところ私よりも疲れた思いで働いてる人が看護師はたくさんいるし、私は看護師になりたいと思って看護師を目指してきたので疲れていても頑張っていくのが当たり前のことだと思っています。もちろん仕事が終わって帰ったら疲れたと言ってしまうこともありますが、これはこれで自分のスイッチを切り替えてあげるために必要だと思うし、職場にいる時は疲れていても出来るだけ疲れたと言いません。できるだけというよりも今まで一度も出したことがありませんね。これってすごく大切なのだと思っています。

■患者さんにも失礼になる。

看護師というのは一つの職業ですから、仕事をしっかりとした後に疲れてしまうのは当たり前だと思ってます。しかし他の職業と違って、私たちの仕事には患者さんがいるということ。それなのに仕事が終わって疲れたなんて言ってしまうのは、患者さんに対してとても失礼なことだと思っているので、こうした部分でも私は疲れたという言葉を口にしないように心がけています。患者さんが少しでも元気になってくれるように私たち看護師が頑張るのも当たり前の事であり、患者さんは辛い思いをしながら入院生活を送っているので、簡単に疲れたなんていう言葉を口にしていたら、患者さんに失礼ですね。

次々と残業を押し付けられてしまった時などは実際に疲れてしまうので疲れたと言ってしまうこともありますが、そうではなく、患者さんの看護をして体がしんどいと思っても疲れたという言葉は口にしないようにしています。そうすることによって自然と気持ちも前向きになったり患者さんと会話をするにも本当に心から楽しむことができるようになったと思います。常に疲れたなんて思いながら働いていたら明るく笑顔で接することもできないし、目の前にある沢山の仕事をこなしていかなくてはならない状況の中で疲れが先立ってしまい、仕事そのものが嫌になってしまうことだってあると思うから、これからも私は疲れたという言葉を口にすることはないと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

子供には正直に

子供の患者さんの場合、接し方が難しいという看護師がいますが、私も実際にそうやって思っていました。子供というのは大人と違って私たち看護師に対しても、本当にストレートな気持ちをぶつけてくるので、例えば自分の病気が治らないと思っている時には私の病気は治らない?と聞いてくることもあるし、いつになったら家に帰れるのかと思っていた時にはお家に帰れるのは明日?明後日?と聞いてくることもあります。

大人の患者さんであればこういった質問でも私たち看護師はある程度ごまかしながら話をすることもできますが、子供の患者さんに対してはそういったごまかしが一切ききません。子どもというのは私たちが思ってるほど単純ではないし、私達の細かい表情まで見ているので、万が一ごまかしてしまったことがあっても、看護師さんが嘘ついていると見抜かれてしまうんです。私はこれまで看護師として働いてきた経験の中でそのように思っているので、子供には絶対に嘘を付かないようにしています。

■正直ながらも子供の気持ちを優先にさせる

まだ私も戸惑うことがありますが、子供には正直に接することによって子供との信頼関係を結ぶことができます。一度信頼関係を結ぶことができればその後は多少看護師がごまかして話をしていても子供は信頼してくれるので安心感を与えることができます。上記のように家に帰るのはいつになるか、また病気が治らないのかなどといった質問のときにどうやって答えるかによって、子供との信頼関係が崩れるか崩れないかは変わってくるので、それは看護師によってやり方も違ってると思いますが、万が一治らないと言われている病気の場合でもはっきりと治らないと言ってしまうのではなく、治るか治らないか看護師さんが決めることではないけど、少しずつ良くなってるよ。などと言ってあげることによって、子供は私の正直な気持ちをしっかりと理解してくれます。

ごまかすことは簡単ですが、ごまかした後、子供がどんな表情をしているのか、一人でどんなことを考えているのかと言う部分に触れながら仕事をしていると、こんなことも考えることができるようになってきました。ごまかすことばかりを考えるのではなくて、どうしたら子供との信頼関係を結び、子供に安心を与えてあげることができるのかを考えると、私の中では自然とこのように子供に対して正直に接していくという答えが出てきました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

親御さんも叱るときは叱る

入院してる患者さんのご家族の中には患者さんを必要以上に甘やかしてしまったり常に心配ばかりしてそういった自分の心配を口に出している人がいますが、こういったご家族の場合には必要に応じて叱るようにしています。何よりも一番頑張ってるのは患者さんであり、家族は心配をしていたり不安な気持ちを持っているのはわかりますが、そういった気持ちを常に口にしていけば患者のためにならないし、患者さんによくありません。

もちろん時と場合によりますが、あまりにもご家族が自分の心配ばかりを口にしていたり、患者さんに対して必要以上に頑張れ頑張れと言っているようは場合には、ご家族にもしつわかりと注意するようにしています。初めて自分の身内が入院していたりする患者さんのご家族の場合にはこのような部分まで気が回らないのもわかりますが、ご家族が不安を口にしたり、必要以上に頑張れと言ってしまうことによって患者さんというのは大きなプレッシャーに感じたり、心配させないように無理をしたりしてしまうことが多いです。

■入院中の患者さんは色々な事を考える

日頃家族として生活している中であまり考えることがないようなことでも、入院している間は患者さんは本当に細かな部分まで考えているので、ご家族に心配をかけないようにご家族が面会にきているときに無理をしたりすることも多々あります。そういった患者さんの姿を私たちは毎日見ているので、あまりにもご家族が患者さんに対して配慮が足りないと思ったときにはハッキリ言うようにしています。私たち看護師がはっきりと指摘してあげなければいつまでもご家族は気がつかないし、患者さんのプレッシャーが増えてしまうので、結果的に患者さんの負担になってしまいますね。それは最も避けなければならない事ですから、私たちも心を鬼にして、注意させてもらうことがあります。

なかにはこういった注意をした時に反論してくるご家族や、余計なお世話だと言ってくる人もいるのですが、そのように言われたときには言われた時で、季膳とするようにしています。その場では余計なお世話なんて言ってるか家族でもやっぱり自分の身内の事ですからしっかりと考えてくれると思うし、少しでも改善されることによって、患者さんの気持ちが楽になれば私は本望だと思っています。そこでもしご家族に嫌われてしまうようなことがあっても、入院している患者さんが多少なりとも気持ちを楽に持つことができれば看護師としての仕事は成功したと思うようにしています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

看護師のメイクは無香料

看護師はメイクをしてはいけないという決まりがあるわけではありませんから、必要に応じてメイクをすることも良いと思います。私も比較的年齢が若い看護師ですから最低限のメイクをして仕事に出かけるようにしていますが、それでも気をつけているのは使用する化粧品は常に無香料ということになります。患者さんの中にはアレルギーを持っている人などもいらっしゃいますから、香料が含まれている化粧品などを使ってしまうとそれだけで患者さんにも悪影響を与えてしまうことがあります。

例えばこれまで発見されているアレルギーではなくてもご本人が自覚していないだけで本当は化粧品の残りにアレルギーを持っていたりすることもあるので、こういった部分について私たちは細心の注意を払わなければなりません。全くこうした部分には気を使わず、香料の強い化粧品などを使っている看護師もいますが、私は必ず無香料の化粧品を使うようにしてるし、更に無添加のものを選ぶようにしています。

■患者さんの気持ちを考えれば当然のこと。

まず無香料の化粧品や無添加の商品というのはナチュラルメイクになりますから、バッチリメイクをしているということは見た目だけではわかりません。患者さんというのは特に女性の場合メイクをしたいと思いながらも体調がわからなくなってしまうので、メイクすることが禁止されていますし、その中で私たち看護師がバッチリメイクをして患者さんに接してしまうというのは決して良い事ではありませんよね。ですから、どちらの意味を考えても、必ず化粧品選びをする時には無添加と無香料を選ぶことにしています。

同じ職場で働いてる看護師の中には毎日バッチリとメイクをして来るような看護師さんもいますが、バッチリメイクをして仕事をしているからといってメリットがあるわけではないし、患者さんからクレームが出てしまうことのほうが多いので、こういった部分も私は派手なメイクをしないように心がけています。入院している患者さんが少しでも快適な入院生活を送ってくれることを考えれば当たり前のことだと思っているし、メイクをしなくても、またナチュラルメイクでも十分に看護師としての仕事をすることができるので患者さんの気持ちを考えた上でメイクをするときには必ずこだわりを持つようにしています。私のこだわりが患者さんにとって伝わっているのか、いないかというのは別だと思っているし、伝わっていないとしてもそれはそれで良いと思います。患者さんの気持ちを考えれば当然香料の強い化粧品などを使うことはできないし、看護師として当然の配慮ですよね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする